ペット保険で守る小さな命|ペットの葬儀をするなら専門業者で

ドッグ

単身世帯の増加が著しい

お墓

核家族化の進展

少子高齢化の進展による人口減少が顕著になっているうえ、結婚年齢の上昇や単身世帯の増加が日本は顕著になっています。高齢者は子供が独立することによって生じる寂しさをペットとの生活で補うケースが増加していますし、単身世帯でも特に女性の単身世帯でのペットの飼育率が上昇しています。ペットを家族同様に扱うことは以前からありましたが、最近はペットが亡くなると本格的な葬儀を行うことが少なくありません。ペットは予防注射や専門医の増加によって従来よりも寿命は延びては来ているものの人間に比べると圧倒的に寿命が短いのでペットとの別れは飼い主が必ず経験して対処しなければならない問題です。別れが必ずあることを認識して、葬儀を行うことで一つの区切りをつけることは重要なことです。

選択肢の広がり

現在の日本にはペットブームが到来しているといっても過言ではありません。街中を歩いていると犬の散歩をしている人を多数見受けます。最近はマンションではペットの飼育を可能としなければ応募者の数が伸びないという現象も出ています。したがって葬儀を取り扱う業者の数も増大しています。新しい形式も続々と開発されています。以前は人間しか取り扱わなかった社寺や教会でも葬儀を執り行うところが出て来ています。葬儀の形式の多様化と同時に墓地についても同様に増加しています。家族同様に育てたペットを死んだ後も同様に取り扱おうという気持ちが大きく反映しています。単身世帯の増加傾向は今後も継続すると思われますのでこうした傾向はますます一般化するものと見込まれています。